コピー
当社ではどうしたら誰もが安全で快適な暮らしが保障され、お互いが信頼しあえる社会
を取り戻せるか、真剣に考え行動しています。
防犯について
防犯は、日頃からの心構えが大切です。我が家に限って・・などとは言っていられません。
線
見出し
 
  小見出し  
侵入盗にとっていちばん嫌なことは、人に見られること!そして音や光が脅威なのです。実際に空き巣の87%が防犯センサーを「非常に気になり、避ける」と回答しています。ユーユー商会は、光センサーや、防犯ブザー、防犯カメラなど、強盗を未然に防ぐ最良の方法をご提案します。 その他の例として塀が高く、植栽が茂っていているなど、侵入しても人から見られにくいなど。このような場所は狙われやすいでしょう。逆に見通しの良い低いフェンスなどは、侵入されにくいといえるでしょう。 さらに、庭にきれいなお花がたくさん咲いているなど、通りがかりの人の目を向けるような工夫があれば、抑止効果もあがることでしょう。
ちょっと工夫してみてはいかがでしょうか。
  イラスト1
住宅対象とした侵入窃盗の手口割合
  グラフ  
出典:警視庁
 
  ボタン
           
  小見出し  
住宅対象侵入盗の約70%が窓からの侵入で、窓の警戒が重要といえます。 窓ガラスを割りクレセント錠をはずして侵入する。音を出さないようにして破壊するためにドライバーなどを使いガラスにひびを入れ、小さな開口をあける「こじ破り」。ガラス表面を火であぶった後、ドライバーで開ける「焼き破り」。 警備員が駆けつける前に、数分で目的を達成しようと、音を気にせずにガラスを破壊する「打ち破り」。なんと、強盗が侵入してから犯行を終えて逃走するまでほんの数分のことなのです!しかし、実際に空巣に入るのに、5分以上掛かる窓や玄関の場合では7割以上の犯人が断念しています。ドアセンサー、防犯フィルム、ピッキングに強い鍵への交換などで工夫してみてください。その他の例として、強盗が侵入するための踏み台や足場になるものをなくすなど、ちょっとした工夫でも抑止効果があがります。まずは、戸締りを必ず確認してください。   イラスト
一戸建て住宅への侵入手段   共同住宅への侵入手段
グラフ グラフ
出典:警視庁 出典:警視庁
 
  ボタン
           
  小見出し  
防犯カメラだけをつけたことで「犯罪」を抑制する効果は、昔と比較して少ないかもしれません。 しかし、カメラ映像は「防犯目的」だけでなく、プロモーションに活用したり、社内状況の確認など、用途は使う方の感性で、非常に広がります。 もちろん防犯としての利用でも「効果」が無いと言うものではありません。 現在のデジタル映像は、犯人逮捕に繋がる証拠として充分に活用できます。   イラスト
侵入をあきらめる時間
  グラフ  
出典:(財)都市防犯研究センター
 
  ボタン
線
防災、防犯、セキュリティシステムの施工、取付はユーユー商会へ。
拠点となる栃木から関東エリアどこでも施工、取付いたします。